スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座

今年の実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座の募集が始まった。

昨年までの会場は、みなとみらいにあるKUポートスクエアーだったが、今年は神奈川大学横浜キャンパスで行われる。

この講座は、行政担当者、自主防災組織の方、消防関係の方、大学生、福祉関係の方、一般の方など50名ほどが受講して、地域防災について学ぶ。

受講して資格を得られるわけではないが、地域防災の現場で活動されている方からの生の声を聴くことができる。
また、同じ志を持った方々とのネットワークは受講者が地域で活動するための大きな力となる。


今年の実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座の概要は下記の通り。

◆申し込み期間:2010/9/1(木)〜9/16(木)
 ※申込期間後も定員に余裕がある場合は、受け付けている。
◆開講期間 :2010/9/30〜11/4 木曜日 全6回 18:30〜20:30
◆受講料:5,000円
◆定 員:50名
◆会 場:横浜キャンパス 1号館8階 1-804

受講の申し込みは >> 神奈川大学横浜キャンパス

1回目 9/30(木) 講師:荏本 孝久/杉原 英和
一部:講座をはじめるにあたって
   ―地域の防災力を高める実践的防災まちづくりとは
   本講座の目的・内容の全体像を説明する。
二部:神奈川県の防災対策について
   ―防災まちづくりのための防災対策の現状と課題
   神奈川県の防災対策とその取り組みについて説明し、
   行政と県民の協働した防災活動の重要性について
   説明する。

2回目 10/ 7(木) 講師:稲垣 文彦
   体験から学ぶ防災対策
   ―新潟県中越地震・中越沖地震の教訓と避難所運営
   新潟県中越地震や中越沖地震を教訓に、災害時の
   ボランティア活動に携わった経験から、事前の予防
   活動や事後の復旧・復興活動、避難所運営の要点に
   ついて説明する。

3回目 10/14(木) 講師:増田 勝也/小野寺 勝
   一部:平常時・災害時の公助―神奈川県の危機管理
      対策の現状と課題神奈川県における公助
     (平常時・災害時)の現状とその課題について
      説明する。
   二部:横浜市の危機管理対策について
      ―改訂版拠点マニュアルの要点とは
      横浜市における危機管理対策と拠点マニュアル
      の改訂事項を解説する。

4回目 10/21(木) 講師:森 清一
   避難所運営を体感する 米各編)
   ―避難所運営ゲーム(HUG)を通して対応力を養う
   災害時の避難所運営にはさまざまな対応が必要と
   なる。
   その対応力を養うため、避難所運営ゲーム(HUG)
   を使って説明する。

5回目 10/28(木) 講師:福田 武司/小絲 昭平
   一部:避難所運営を体感する(団地編)
      ―現任の避難所運営責任者から聞く
      避難所運営(平常時・災害時)の現状とその
      課題について説明する。
   二部:避難所運営を体感する(戸建編)
      ―避難所運営の達人から聞く
      避難所運営(平常時・災害時)の現状とその
      課題について説明する。

6回目 11/ 4(木) 講師:荏本 孝久/池田 邦昭/中村 俊光
   人的ネットワークの構築―本受講生とのネットワーク
   構築の為の交流を図る。
   地域防災力を高めるためには、人的ネットワークが
   重要である。
   本講座受講生全員を対象として、本講座の受講目的や
   地域での防災への関わりなどの意見交換を行う。
   最後に、講座修了証書の授与を行い、コーディネー
   ター間の協働ネットワークづくりを目指す。

毎年、受講希望者が多いので、早めに申し込んだ方が良い。





















at 17:52, daruma-kanaga, 危機管理

-, -, pookmark

実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座を終えて

神奈川大学エクステンション講座として開催されていた「第4回・実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座」が終了しました。

この講座は、2006年度から毎年秋頃の開催されている講座で、今年は第4回目となりました。

思えば、2007年の地震災害に引き続き、2008年5月の中国四川大地震(M8.0)により建物被害約450万棟、人的被害約46万人に登る未曾有の大災害が発生したことは記憶に新しいところです。
6月には岩手宮城内陸地震(M7.2)が発生し、東北地方で建物全半壊88棟・一部損壊約1,100棟、死者・行方不明者23名の被害が発生しました。
いずれも内陸活断層による地震で、突発的に起きた大地震によるもので、被災地域の住民は、事前の防災対策の準備が十分ではない状況で、地震災害に向き合うことになりました。
常に震災の教訓は、地震への備えと地域防災力の向上にあります。

現在、首都圏直下を震源とする大地震発生の切迫性が危惧されるなか、地域の防災対策の基本は、自助・共助・公助にあると言われています。
地域防災力を高め維持していくためには、地域住民が多様な生活環境を持った、人と人との繋がりを基本とする人的ネットワークによる、地域の防災まちづくりが重要であると言われております。

この講座は、このような視点に立って、地域の防災まちづくりを実践するコーディネーター養成のための、防災情報の共有化と人的ネットワークの構築により、地域防災力を高めることが目的となっております。

今年の講座は、10月1日から始まって12月10日まで、毎週木曜日の14:00〜16:00(2時間)に全10回開催されたもので、内容は下記の通りです。



続きを読む >>

at 14:01, daruma-kanaga, 日記

comments(23), trackbacks(0), pookmark

救命手当 包帯法について

応急手当の包帯法


応急手当の講習が済んだ方でも、包帯法を忘れてしまった方も多いのではないだろうか。


これを解説しているサイトがある。


総務省のe-カレッジは、動画でわかりやすく解説しているので、参考にして習得したい。


このブログは、情報の共有化を目指しているので、これからも参考になるサイトを紹介したい。

 


at 14:37, daruma-kanaga, 日記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

読書メーター

インターネットのサービスは面白い。

読書メーターというサイトがある。
自分が読んだ本の記録を残しておくサービスだ。
読んだ本のページ数や読んだ本の数をグラフで表示してくれる。

このサイトの検索ページで、読み終わった本を探し、最近読んだ本追加する。
読み終わった本には、コメントを記入して自分のデータベースを作ることができる。
また、同じ本を読んだ人にコメントを一覧で見ることもできる。

読書日をカレンダーに記録できるので、何かと便利に使える。

このサービスは、下記のサイトで。

読書メーター



at 01:06, vegeeater, ちょっと気になる

comments(0), trackbacks(0), pookmark

六角橋商店街

 東急東横線の白楽駅西口の改札を出ると、旧綱島街道沿いに六角橋商店街がある。
六角橋商店街は、戦前から続く市内有数の商店街で、戦後闇市として発展し、現在の商店街の形となったと言われている。
500mほどの商店街に、たくさんの商店が軒を連ねており、
この商店街を南西方向に歩いていくと、六角橋仲見世通りの入り口がある。
この仲見世が面白い。
 アーケードとなった路地の両側に、雑貨屋、総菜屋、肉屋、魚屋、八百屋、骨董品屋などが店を構えている。
そこには、昭和の世界にタイムスリップしたような、懐かしい世界が広がっている。
店主と会話を交わしながら、値引き交渉などできるかもしれない。

この、昭和を感じさせる六角橋商店街は、テレビドラマの舞台になることが多い。
少し古いドラマだが、2004年TBSで放送された、ホットマン2では、六角橋商店街や神奈川区の高島台の家が使われた。
2007年に日本テレビで放送された、喰いタン2でも六角橋商店街が登場した。
 これらの情報は、ドラマのロケ地を紹介している、ロケ地ガイドに詳しく紹介されている。

ロケ地ガイドは、ドラマの撮影で使われた場所を紹介しているサイトである。
自分の知っている場所やレストランが撮影に使われたことを知ることができ、ドラマがもっと面白くなるかも知れない。





at 21:46, vegeeater, ちょっと気になる

comments(0), trackbacks(0), pookmark